?C?‰?X?g????’P?I?o?C?N?????????\‘?“????`?z?“?_???}?n?X?Y?L?J???T?L?`

 イラストで簡単!バイクの構造入門〔Top〕 > バイクエンジンの気筒数             


エンジン周り
点火系
吸気系
排気系
駆動系
操作系
電装系
サスペンション
足回り

yahoo正式登録サイト

バイクエンジンの気筒数

 バイクエンジンにはさまざまなタイプがあり、シリンダーの数によって、単気筒エンジンや4気筒エンジンなどといった呼び方をします。

気筒というのは、エンジン内部のピストンが上下するところのシリンダー(筒)のことで、このシリンダーの数(ピストンの数)によって、エンジンの特性や乗り味が変わってきます。

それでは、どのようなエンジンがあるのか、下のイラストを見てみてください(^^)


バイクエンジン気筒数


 バイクのエンジンの始まりは、直立単気筒からだ!しかし排気量を上げようと、ピストンを大きくすると重くなり回転数が伸びないので、ピストンの数を増やして回転数を増やそうとしたわけだ!


 エンジンの種類には、直立単気筒・並列2気筒・並列4気筒・直列2気筒・V型2気筒・水平対向2気筒があります。

それぞれ呼び名があり、直立単気筒→シングルエンジン・並列2気筒→パラレルツイン・並列4気筒→マルチ・インライン・パラレル・直列2気筒→タンデムツイン・V型2気筒→Vツイン・水平対向2気筒→ボクサーエンジンと言います。


 直立単気筒エンジンは、パワーは余りありませんが、ドッドッドという独特のサウンドが耳を楽しませてくれます。

 2気筒エンジンは、並列2気筒・直列2気筒・V型2気筒・水平対向2気筒があり、直立単気筒エンジンに比べると重量は重くなりますが、エンジンの回転数を上げやすく、パワーをだしやすいというメリットがあります。それぞれピストンの向いている方向が違うので、違ったエンジン特性があります。

 並列4気筒エンジンは、もっとも回転数を上げやすく、現在のバイクでは1番よく使われているエンジンタイプです。

 街中を走っているバイクが何気筒なのか注意して見てみると、また違った楽しみ方ができますよ(^v^)

ページの一番TOPに戻る

 イラストで簡単!バイクの構造入門〔Top〕 > バイクエンジンの気筒数

お役立ち外部サイト